美容院でキレイになる

美容院でスタイリストとして働く

美容院で働くことには、実にいろいろな仕事を行なうことが関係しています。
たとえば、美容院でスタイリストとして働く場合、来店した利用者一人一人に合ったヘアスタイルを提案することが主な仕事と言えるでしょう。
またそれに加えて、美容技術を提供することが必要とされています。
具体的には、シャンプーやカット、カラーリングやパーマ、また仕上げに行なうブローやセットといったものがあります。
一人一人の髪質も違えば、髪の量も違います。
もちろん好みや要望も大きく異なるものです。
そこで美容院の利用者一人一人に適したデザインを提案したり、要望にそってヘアスタイルを作っていくためには、高い技術や豊富な経験が求められることでしょう。
加えて、美容院で働くスタイリストに求められている別の特質は、上手にコミュニケーションを図る能力や良好な接客態度でしょう。
利用者が何度でも利用したいと思うような、質の高いサービスを提供できるようにしましょう。

美容院とスタイリストデビュー

美容師の免許を取得して美容院に就職するとまずは見習いから始まります。
先輩スタッフのアシスタントや「どのようにすれば1人前のスタイリストになれるか」という事を考えて数々の経験を積まなければなりません。
シャンプー1つを取ってみても、お客様が気持ちよいと感じるかどうかはスタッフの技術により変わってきます。
美容院に勤務して「スタイリスト」として働けるようになるのは、その人が持つ技術によっても異なりますが、だいたい3年前後かかるという事です。
お客様の様々な要望にセンスの良さで応え、満足してもらう事が大切ですし、リピート客を得るためにはそれなりの努力が必要ですが、苦労して得られた技術を認めてもらえるようになるとお客様からの指名も増えるようになります。
見習い期間には先輩スタッフから色々と学ぶことも多いですが、身だしなみにも気を配る必要があります。
いくら容姿が綺麗でも自分の髪の毛の手入れが行き届いていないとマイナスイメージを与えるので注意が必要です。

Copyright 2015 美容院へ行こう All Rights Reserved.